【第2回】プログラミング未経験だけどWebシステムを作ってやる!【詳細な要件を考える】

2019年1月10日

今日はもう何もしたくない
というわけで、同日に第2回を書いてしまう

さて、前回は開発環境を整えて終わりましたね
まだ見てないって人は、第1回を見てね


今回は初めてWebシステム開発で気合を入れて後々困ってしまったところになります。

画面遷移を考える

開発環境を整えた後、画面遷移を考えました。
画面遷移ってのは簡単にいうとTOPページ→ログインページ→ログイン後のTOPページみたいな感じです
正直当たり前のようなことですが、Webシステム開発会社に居た頃に
こういうのを作っているのを見たので考えて遷移図を作ろうとしました。

結果、2日間かけて作って途中でやめました。

やめた理由はいくつかありますが
一番大きな理由は、一人で作っているからってことに尽きます
自分でわかってるんだもん・・・いらないよね?

もし複数人で作る場合は、携わる人にも情報共有しないといけないので
必要なんだなぁと感じた一件でした

また、考えて画面遷移を考えても開発の途中で結局変わります
システムの規模にもよると思うんですが、1人で保守運用するなら必要ないと思います

テーブル定義をする

はいこれ、クソ時間かかって意味のない個人的に最大の失敗
テーブルってのはざっくり言うとエクセルの表です
データベースっていう箱の中に、この表を必要なだけ作ります
表なので、表題と項目を考える必要があります。
Aの表の1列目はユーザーIDとかね

それをまとめて作るのがテーブル定義って勝手に思ってます

これは後々楽になるだろうからと思って、最初に1週間くらいかけて考えて作りました
はい、結果無駄でした

どれだけ考えても初心者の作る定義にはデータ型の問題や、
データベースを操るSQL文の便利な使い方を知らないが故、
後々大改修をするハメになってトータルでだいぶ時間がかかってしまった

なので、機能を作りながらテーブルを作っていくのがいいかなと思います
ちなみに、プログラマーの友人にも後々作るんがええと思うで!って言われたのでそうなんでしょう

サイトのデザインを作る

ワイヤーフレームやモックアップとかなんか色々あるみたいですけど、
そんなことはわからん!

ってなわけでAtomにHTMLを打ち込んで、ブラウザでチェックするを繰り返します
もちろん機能はしません

機能するといえばリンクや、文字入力くらいかな
ちなみにAtomには、Atom HTML Previewっていうパッケージがあって
HTML打てばAtom内のタブにページが表示されるので役立ちました
今はもう使ってませんがw

デザインが出来たらそこに機能を当てはめていきます。
例えばログイン画面を作ったら、ログインボタンにログインの処理を当てはめる感じです

個人的にはこれが一番スッキリしたものが作れるかなと
Bootstrapを使えばそれっぽいサイトができるので最初はオススメです

CSSなんてわからんし、
デザインセンスは無いし

結局今作ってるシステムのデザインはガラケー時代レベルなんだなぁw


次回は?

第3回はやっと実際のプログラミングに入っていきます
それと関係ないけどネト充のススメをやっと見てますが、おもろいなこれ